top of page
検索
  • 執筆者の写真jeanlouis

オレロン小屋

潮の満ち引き​​とともに運河が活気づき、ボートは毎日のカキの収穫から戻ってきます。過ぎ去った過去の目撃者、小屋は閉鎖されたままであり、彼らは天気の良い日には、歩行者の目に開かれた仕事をしている職人や画家の活動からのみ生きています。カキの仕事は現在、工業化と集中を必要とする投資コストで、ヨーロッパの健康基準を満たす構造で行われています。抱きしめると懐かしさ!



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page